二重埋没をしたきっかけ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PVアクセスランキング にほんブログ村

みなさまこんにちは!

実は私、5月31日に二重埋没手術をしたので、そのことについて記事を書こうと思います

この記事では私がもともとどんな一重だったのか、どうして整形しようと思ったのかを書いています

次の記事で、整形後の具体的な経過を書いていこうと思います

予め言っておくと、どうしても身バレしたくなくて、経過の写真等は載せていません‥

本当は写真も載せた方が、記事を見に来てくれた方にも伝わりやすいと思うのですが‥すみません。

それでも文字で伝えれるように頑張るので、もしよければ最後まで見てください!

整形前の話

もともとの私の目は完全な一重で、子供の頃からどうしても二重にしかった私は、瞼に二重のくせをつけようと何度も試行錯誤しました

二重にするための細い棒みたいなのを作って、それで瞼をなぞって無理やり二重の線を使ってみたり、アイプチやアイテープ、メザイクも試しましたが、どれも私の目にはダメでした

一瞬は二重になっても、すぐに一重に戻ってしまうんです

なんて頑固な一重‥‥‥。

ただ、何年も試行錯誤しているうちにやっと、二重になれるアイテムを見つけました

それがつけまつげです

今はまつエクやまつげパーマが主流ですが、私が10代の時にはバサバサのつけまつげが流行でした

派手なカラコンにバサバサのつけまつげをして、いかに目を大きく見せられるか、が当時の私には重要でした

つけまつげも1枚ではありません

2枚、時には3枚重ねてつけまつげをつけていました 

それはもうバッサバサです

でもそのつけまつげをつけてみて衝撃だったのが、二重になったことでした‥!!

重たいつけまつげをすると何故か二重になったんですが、実はこういう人多いみたいです

実際に私の妹や友達もつけまつげをすると二重になるタイプです

その時は流行のメイクもできて、念願の二重にもなれて、私史上最高の発見だ!!と思い、それからかはメイクが楽しくて楽しくて。

それまで可愛いなんて言われたことなかったのに、たまーに可愛いって言ってくれる人もいました

一重時代の私からすると世界が変わったような気持ちでした

整形しようと決心した理由

つけまつげで二重にはなりますが、メイクを落とせば結局は一重‥メイクで顔って変わりますが、私の場合は変身具合が異常でした。笑

元カレ達もドン引きな変貌ぶりです。笑

夫も最初は私のすっぴんを見て驚いていました。笑

それでも私のどこを好きになってくれたのか分かりませんが、一応結婚してくれました。

家族からは「よくあのすっぴんで結婚できたね」と言われます。笑

メイクで変われるって私としては特技?のような感覚だったんですが、心の中ではやっぱり整形したいって気持ちはありました

整形したい!とは思っていましたが、私にとって一番の問題はダウンタイムでした

私の仕事はシフト制で、休みがもらえても2連休か3連休です

いくらプチ整形とはいえ、こんな短期間で目の腫れがひくとは思えず、結局はメイクで二重にしていました

そんな時に家族で電話している時に妹が二重整形しようかな、と言っていて、じゃあ私もする!となりました。

妹が整形すると聞いて、決心がついたんです。笑

決心してからは、すぐに会社の人たちに一人一人お願いして、なんとか4連休をもらい、バスで30分くらいの所にある美容整形クリニックへ行きました

さいごに

具体的な手術の内容や周りの反応は次の記事で書いていきます

二重埋没手術を受けてみて、まず私が思ったのは埋没して本当に良かった‥ということです

もっと早くやっておけばよかった‥と思うくらいです

もちろん一重には一重の良さがあります

ですが、二重になりたい!二重の幅を変えたい!と思っている人もいますよね

私のように、色々試してみても二重になれなかった‥という人も少なからずいるはずです

メイクで二重にしてるけど、他人にすっぴんを見せるのが怖い‥という方。

今は以前ほど整形に対する偏見もありません

プチ整形といわれる埋没なら気軽にできると思います

興味がある方は次の記事を見てもらえると嬉しいです

それでは また

コメント

タイトルとURLをコピーしました